ジャンボ機墜落施設を視察=稲盛会長ら新経営陣−日本航空(時事通信)

懸賞 2010年 02月 26日 懸賞

 日本航空の稲盛和夫会長と大西賢社長が19日、1985年のジャンボ機墜落事故の残存機体などを展示する社員研修施設「安全啓発センター」(東京都大田区)を視察した。
 同センターには、事故原因となった圧力隔壁や遺品の一部も展示され、社員が安全への決意を再確認するための場になっている。
 会社更生法の適用申請時に辞任した西松遙前社長は在任中、事故日の8月12日に欠かさず慰霊登山をするなど、安全への取り組みに熱心だったことでも知られた。この日の視察は、経営陣が変わっても同社の安全に対する姿勢が変わらないことを示す狙いもあるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕米旅客機不時着事故

北教組の深い闇 選挙活動、指導要領否定…諸悪の根源「46協定」とは(産経新聞)
日歯連が民主候補支援へ転換 夏の参院選(産経新聞)
トーゴ、反捕鯨団体の船籍はく奪=公海上での臨検容易に(時事通信)
若田宇宙飛行士 ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
顧問料130万円超=元国会議員3氏に−総務省(時事通信)
[PR]

by vaeihrjj4e | 2010-02-26 15:18

<< 長崎知事選敗北を陳謝=「政治と...   小林議員側違法選挙費 原資の一... >>