トヨタ社長の姿勢を評価=米公聴会出席で−経産相(時事通信)

懸賞 2010年 03月 02日 懸賞

 直嶋正行経済産業相は24日夕、トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)問題に関する米下院公聴会への豊田章男社長の出席について、同公聴会開始に先立って記者団に対し、「社長自ら説明するのは非常に良いことだ」と述べた。その上で、「誠実な対応が大事だ。真正面から受け止めて対応しようとしている」として、公聴会に臨む姿勢を評価した。 

【関連ニュース】
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
〔用語解説〕「豊田章男氏」
「率直な反省」表明へ=豊田社長、米議会公聴会で
東京株、終値1万0198円に続落=トヨタ問題で買い手控えも

<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
岩手、高知で1.2メートル=太平洋側各地に津波−65万世帯に避難指示・勧告(時事通信)
<ベルリン映画祭>特別功労賞に山田洋次監督(毎日新聞)
消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)
[PR]

by vaeihrjj4e | 2010-03-02 05:03

<< 東京マラソン 雨の中のレース ...   長崎知事選敗北を陳謝=「政治と... >>