<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 名張毒ぶどう酒事件の奥西勝死刑囚(84)の第7次再審請求で、審理を名古屋高裁に差し戻した最高裁決定(5日付)を受け、奥西死刑囚の支援者が7日、名古屋高検を訪れ、05年に高裁が一度決定した再審開始に対する検察側の異議申し立てを取り下げて再審決定を確定させるよう要請した。

 支援団体「名張毒ぶどう酒事件愛知・奥西勝さんを守る会」のメンバーら約15人が午前10時過ぎに訪問。異議取り下げのほか、▽奥西死刑囚の即時釈放▽捜査の初期段階における重要参考人の供述など未開示証拠の開示−−を盛り込んだ要請書を提出した。

 最高裁決定により、高裁の再審開始決定に検察側が異議申し立てをした段階まで審理が差し戻される。このため要請では、差し戻し審に入る前に検察側が異議申し立てを取り下げるよう求めた。

 また即時釈放については、足利事件で検察側が職権を発動して無罪確定前の菅家利和さんを釈放したことを引き合いに要望した。【沢田勇】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第
名張毒ぶどう酒事件:差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
社説:毒ぶどう酒事件 一刻も早い審理が必要

<JR京浜東北線>ホームで女性が電車に接触 2万人に影響(毎日新聞)
境内眺めワイン茶会、お点前堪能…東大寺(読売新聞)
理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷−熊本(時事通信)
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)
小沢氏、訪米見送り=「二元外交」批判を懸念(時事通信)
[PR]

by vaeihrjj4e | 2010-04-13 00:59

<< 刺し傷、5人に計44カ所=強い...   高速道新料金 夜間・通勤3割引... >>