刺し傷、5人に計44カ所=強い殺意か、愛知一家殺傷−県警(時事通信)

懸賞 2010年 04月 20日 懸賞

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、逮捕された長男高之容疑者(30)が5人を刺すなどした傷跡が計44カ所にも上ることが17日、県警豊川署への取材で分かった。
 同署は、インターネット契約を解約された同容疑者が家族に強い殺意を抱いた結果とみて、容疑を殺人に切り替えて調べる。
 同署によると、死亡した岩瀬さんには顔や首、胸などに4カ所、岩瀬さんの孫で高之容疑者のめいに当たる金丸友美ちゃん(1)には顔や腕などに3カ所、それぞれ包丁によるとみられる刺し傷などがあったという。
 負傷した岩瀬さんの妻正子さん(58)には10カ所、三男文彦さん(22)には10カ所、文彦さんの内縁の妻金丸有香さん(27)には17カ所の刺し傷などが確認された。凶器の包丁は自宅敷地内で見つかったという。 

【関連ニュース】
家族刺され2人死亡=3人重軽傷、30歳長男逮捕
新たに頭部発見=胴体は女性会社員と確認
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
手配の男、殺人未遂などで逮捕=警官刺傷、殺意は否認
職質警官刺され重軽傷=男が逃走

【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・ロペス 双子の育児に一生懸命。「仕事とプライベートのバランスは大事ね。」
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
少年愛好「ショタコン」国際化、性ビジネス確立(読売新聞)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
[PR]

by vaeihrjj4e | 2010-04-20 00:12

<< 参院選「最後のご奉公」=地元で...   <毒ぶどう酒事件>「再審決定を... >>